平面駐車場と自立立体駐車場の対比

subpage-img

駐車場のタイプには平面及び自立立体駐車場の2つに分けられ、それぞれで有益性が見受けられます。

自立立体駐車場の有益情報を見つけよう。

前者に関しては建物の建設を行なうことを要せず安い費用で済み、未来は直ぐに更地にして売り渡せるという点で秀でています。



それに対し、収容台数を確保できることを通して自立立体駐車場のほうが効果的利用できるケースもあり、とりわけ商業施設では車の駐車場のための空きスペースを手に入れやすい点で効果的です。
そして、自立立体駐車場に関しては、自走式駐車場及び機械式駐車場の二つの駐車場が見られます。

自走式駐車場に関しては、車を自身にて走らせて駐車スペースへと移す方式になります。


機械式駐車場につきましては車を機械によりまして移送するシステムで駐車場へと移す方式となります。
駐車場経営を実施する場合、収容台数を入手できた方がすぐれているケースもあるため、自立立体駐車場のほうがニーズもあり、とりわけ大都市圏などでは混み入った町中で駐車場を見ることが出来ないため非常に狭い空間を効果的利用できるとして、需要があります。



土地の効果的な利用という形で見た場合、建造物の建設費といった費用がかかりますが、地上のスペースを効果的利用できる場合もあり、自立立体駐車場が優秀である反面、土地売却では、建造物を破壊するなど困難が伴います。

ですから平面駐車場といずれの方が土地の効果的利用にすぐれているかどうかについては一括りにして言えないのも否定できない事実といえます。

top